逆マーチンゲール法は儲かる?ルーレットで検証してみた

攻略法

ギャンブルをしていると「今日はついてる」「負ける気がしない」というノリにのった状態のときがあります。そんなときは攻撃的に攻めたいですよね。

 

そこでおすすめなのが逆マーチンゲール法です(パーレー法とも言います)

ルーレットやブラックジャック、バカラなど約50%で勝てる2倍配当のギャンブルで使うと効果的な方法となります。

逆マーチンゲール法とはどんな方法なのか?一緒に見ていきましょう。

 

逆マーチンゲール法とは

ルーレットで赤にかけるとします。赤と黒で赤のでる確率は50%です。100円を賭けたとき、もし赤がでれば100円の配当をもらい200円が返ってきます。マーチンゲール法なら外れたとき、その次にかけるベット額は2倍の200円です。

モンテカルロ法は儲かるのか?シミュレーションで検証してみた
あるギャンブラーがモンテカルロにあるカジノを破産させたことで知名度があがったモンテカルロ法を紹介します。 ただ、このモンテカルロ法、実際にカジノを破産させたのかというとデマのようです。日本語のサイトをいろいろ調べましたが、ほとんどのサ...

 

逆マーチンゲール法では、すべてが反対になります。赤に賭けて外れたときは、ベット額をもとの100円に戻します。マーチンゲール法のようにベット額を2倍にしません。一方、当たった時はベット額を2倍にします。

 

100円を赤に賭けて当たったら200円が返ってきます。この返ってきた200円をすべてベットするのが逆マーチンゲール法です。そして、また当たったら400円が返ってくるので、この400円をすべて賭けます。少ない資金で高額な配当を狙えるので、大当たりが大好きというギャンブラー向きのお金のかけ方です。

 

言葉で説明しても、いまいち意味がわからないと思います。実際に逆マーチンゲール法でどれくらい稼げるのか検証動画を撮影してみました。こちらの動画で確認してください。

 

逆マーチンゲール法はどれくらい稼げるの?検証してみた

今回、逆マーチンゲール法の検証動画では5回連続勝てば、利益を確定していきます。5回連続で同じ色が当たる確率は約3%です。なので、ルーレットを5回、10回まわしたぐらいでは5回連続あてることはできません。そこで100回まわすことにします。

 

他のウェブサイトでパーレー法についての説明や検証画像をみると、必ず利益がでています。稼げる方法として紹介し、オンラインカジノでのアフィリエイト報酬につなげたいという気持ちはわかるのですが、今回やらせなしでやっていきます。

ルーレットでパーレー法を使うと稼げる?検証してみた

 

結果を表にまとめてみます。1単位、1ユーロで10分間まわしましました。

回数掛け金勝敗損益
11+1
22+3
33+7
44+15
55×-1
61×-2
71-1
82×-3
91×-4
101-3
112×-5
121×-6
131×-7
141×-8
151×-9
161-8
172×-10
181-9
192-7
204×-11
211-10
222×-12
231×-13
241-12
252×-14
261-13
272×-15
281×-16
291-15
302-13
314×-17
321-16
332-14
344×-18
351×-19
361-18
372×-20
381×-21
391×-22
401×-23
411×-24
421×-25
431-24
442-22
454-18
468×-26
471-25
482-23
494×-27
501×-28
511×-29
521×-30
531-29
542-27
554×-31
561×-32
571×-33
581-32
592×-34
601-33
612-31
624-27
638-19
6416-3
651-2
6620
674×-4
681-3
692×-5
701-4
712-2
724×-6
731×-7
741-6
752-4
7640
778×-8
781×-9
791×-10
801×-11
811×-12
821-10
832×-12
841×-13
851×-14
861-13
872-11
884×-15
891-14
901×-16
911-15
922×-17
931-16
942×-18
951-17
962-15
974-11
988×-19
991-18
1002×-20

 

勝率は48%で1度、5回連続勝つことができたので32ユーロを獲得しています。しかし最終的な損益はマイナス20ユーロになってしまいました。最初の4回のみプラスでしたが、その後5000ユーロまで戻すことはあってもずっとマイナスになっています。

 

逆マーチンゲール法のメリット

直観力が優れている人なら、この逆マーチンゲール法はおすすめです。家族や周りの友達から直観力が高いと言われる人は、ぜひその直観力を試してください。億万長者になれるかもしれませんよ。

あと直観力が高くなくても、運よく10回連続当てることができれば、あなたの100円は102400円まで増えます。少ない資金で高額配当をもらえるチャンスがあるので、一攫千金を狙うギャンブラー向きとも言えます。

 

逆マーチンゲール法のデメリット

連続で勝つことで配当は増え続けていきますが、もし利益を確定しなければ必ずどこかで損失が確定します。またどこで利益を確定するかによりますが、お金が増えることなく減り続けていくので、負けることに対しての忍耐力も必要です。

今回、5回連続勝てば利益確定としましたが100回まわしてそのチャンスは1回だけでした。あとは負け続けていることになります。実際のお金をかけてルーレットを回していたなら途中で心がくじけたかもしれません。

 

あと、利益確定ラインをどこにするかも問題です。今回最大で7回連続、赤がでました。利益確定ラインを5回連続でなく7回連続にしていたらトータルで勝つことができました。一方、利益確定ラインを8回連続にしていたら大損しています。どこで利益が確定するかが大きなポイントです。

 

手堅く勝ちに行くなら利益確定ラインを3連続から5連続にするのがおすすめです。一方、6回から8回連続で勝った時に利益を確定すると大きく勝てる可能性もあります。

ちなみに連続で勝てる確率(50%の確率で勝てる場合)と勝利金(100円ベット)は下記のようになっています。

 

回数確率(%)勝利金(円)
1回50200
2回25400
3回12.5800
4回6.251600
5回3.133200
6回1.566400
7回0.7812800
8回0.3925600

8回連続勝てれば、たった100円が25600円になりますが、その確率は0.39%です。かなりの強運の持ち主でないと8回連続当てるのは難しいですね。

 

より攻撃的なグランパーレー法とは

逆マーチンゲール法でも私にとっては十分すぎるくらい攻撃的な賭け方のような気がしますが、ギャンブル大好きな人は逆マーチンゲール法だけでは満足できません。

「逆マーチンゲール法よりも大きな金を稼ぎたい」というギャンブラーたちの熱い思いにこたえて、開発されたのがグランパーレー法です。

 

グランパーレー法では、配当が2倍のギャンブルで利用することができます。オンラインカジノだとルーレット、バカラ、ブラックジャックで有効ですが、競馬でこの方法を使っている人もいます。

まずはベースとなる一番最初に賭けるお金を決めます。今回は100円とします。100円をかけて当たれば、2回目は最初のベット額の2倍である200円+αです。
※+αはベースとなる一番最初にかけるお金です。

 

ここでは+αは100円なので2回目のベット額は300円になります。そしてここでも勝った場合、3回目のベット額は2回目のベット額の2倍、600円+100円になります。

もし連続5回、勝つことができればいったいいくら儲かるのか、表にしてみます。

回数掛け金(円)損益(円)確率(%)
1100+10050
2300+40025
3700+110012.5
41500+26006.25
53100+57003.13

なんと5回勝てば、5700円もお金が増えます。連続で勝てる可能性は3.13%なので、十分に狙える確率ではないでしょうか?

ちょっと先の未来が見える特殊な能力を持った友達や何かしらイカサマができる人なんかは、この方法を使えば一気に億万長者になれますね。

 

さて、普通の人がこのグランパーレー法を使えばどうなるのか、ここで検証してみたいと思います。ベット額は1単位1ユーロで10分間スロットを回してみます。

グランパーレー法を使うとルーレットで稼げる?検証してみた
回数掛け金勝敗損益
11+1
23×-2
31-1
43+2
57×-5
61-4
73×-7
81×-8
91-7
103×-10
111×-11
121×-12
131-11
143×-14
151×-15
161-14
173×-17
181×-18
191×-19
201-18
213×-21
221×-22
231-21
243×-24
251-23
263×-26
271×-27
281×-28
291-27
303×-30
311-29
323×-32
331-31
343×-34
351×-35
361×-36
371-35
383×-38
391×-39
401-38
413×-41
421×-42
431-41
443×-44
451×-45
461-44
473×-47
481×-48
491-47
503-44
517×-51
521-50
533×-53
541-52
553×-55
561-54
573-51
587-44
5915-29
6031×-60
611-59
623-56
637-49
6415×-64
651×-65
661-64
673×-67
681-66
693-63
707×-70
711×-71
721-70
733×-73
741×-74
751×-75
761-74
773-71
787-64
7915-49
8031-18

80回まわして37回勝ったので、勝率は46%です。全体ではマイナス18ユーロの損失です。もし最後に赤が5回連続でなければ80ユーロの大きな損失になっていました。

 

今回紹介した逆マーチンゲール法、グランパーレー法はともに結果がマイナスとなってしまいました。グランパーレー法は最初は負けからスタートするので、勝ち続けるまでしばらく辛抱する必要があります。忍耐力のいるお金のかけ方ですね。

 

やはり直観力がいい人、ちょっと先の未来が見える超能力者、運がいい人、そして今日は負ける気がしないという人以外、なかなか難しいベット方法なのではないかと思います。

 


10連敗は余裕でできるけど、5連勝はなかなかできない私には、ハードルの高いベット方法だな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました