ルーレットの当たりやすい数字と当たりにくい数字について

ルーレットで重要なことは、どのポケットにボールが落ちるのか予測することです。そしてインサイドベット(数字に賭ける)で遊ぶプレイヤーの中には、直近の数百回転の中で何度も当たった数字「ホットナンバー」とその逆の全く当たらない数字「コールドナンバー」を信じてベットしている人がいます。

ここでは、ルーレットにおける「ホットナンバー」と「コールドナンバー」とは何か、そしてオンラインカジノのルーレットで遊ぶ場合、「ホットナンバー」と「コールドナンバー」を信じてベットしていいのかについて説明します。


俺なら迷わず、せりかさんの誕生日に全額ベットしますよ。

「ホットナンバー」と「コールドナンバー」とは

ルーレットは人気カジノゲームの1つで、どこにボールが落ちるのかを予測するゲームです。ポーカーのような心理戦はなく、完全な運ゲームです。ボールがどう回って、最後にどの数字にボールが落ちるのか、プレイヤーは影響を与えることはできません。

ルーレットは運ゲームなのですが、ベット方法や賭け方を工夫することで、カジノの運営側に勝てると信じているプレイヤーはたくさんいます。

そしてモンテカルロ法やマーチンゲール法などのシステムベッド、またプレイヤー独自のベット方法が開発されてきました。

その中で「ホットナンバー」と「コールドナンバー」という考え方があります。この考え方について、いつ誰が言い出したかは不明です。

ただしルーレットのプレーヤーは、ボールが落ちる数字に何らかの規則性やパターンを探そうとする傾向があるので、だれか特定の人物が考え出した攻略方法というよりは、自然にみんなが使うようになった攻略方法なのかもしれません。

「ホットナンバー」を信じるプレイヤーは、ボールが頻繁に入る数字に賭けます。ボールがよく入る数字なんだから、これからも入り続けるだろうという考え方です。

一方「コールドナンバー」を信じるプレイヤーは、他の数字に比べて入らない数字に賭けます。こちらは、ボールがしばらく入らなかった数字なんだから、次はその数字にボールが入るだろうという考え方です。

オンラインカジノにおける「ホットナンバー」と「コールドナンバー」

ホットナンバーとコールドナンバーが見れるルーレット

現在、オンラインカジノには「コンピューターを相手にするルーレット」と「ディーラーがリアルタイムでボールを投げるルーレット」の2種類があります。

またエボリューションゲーミング、プレイテック、ネットエントなど、さまざまなゲームプロバイダーがあります。

いくつかのルーレットでは、賭ける数字を決めるときの参考として、ホットナンバーとコールドナンバーが表示されています。ベラジョンカジノだとRoulette Pro – French(ルーレットプロ – フレンチ)でホットナンバーとコールドナンバーの情報を見ることができます。

またエボリューションゲーミングの人気ルーレット、ライトニングルーレットにもホットナンバーとコールドナンバーがあります。こちらの情報は過去500回分のデータをもとに、ホットナンバーとコールドナンバーが表示されます。

ライトニングルーレットのホットナンバー、コールドナンバー

この機能はどの数字にボールが落ちたのか、過去の傾向・パターンを分析するのに役立ちます。

通常のルーレットではディーラーがボールを投げ入れますが、コンピューターによるルーレットの場合、ランダムに数字が出るよう設計したプログラムにより数字が決まります。

そのため、あたりの数字は完全にランダムで規則性はありません。つまり、ディーラーの意思やホイールのゆがみが、結果に影響を与えません。

なのでコンピュータによるルーレットの場合、ホットナンバーとコールドナンバーを参考にするのは、まったくの無意味です。

結局ホットナンバーとコールドナンバーは使えるの?

もう一度繰り返しますが、ルーレットは運のゲームです。 各ゲームの結果に関連性はなく、実際にはホットナンバー・コールドナンバーを信じてプレーしても勝率は変わりません。

なので特定の番号に入り続けると信じてベットする方法、しばらく入っていない番号にベットする方法、どちらもルーレットで稼ぐための戦略としては微妙です。

皆さんは「ギャンブラーの誤謬」という話を聞いたことがありますか?

しばらくのあいだ何かが起こらなかった場合、その何かが次に起こる可能性が高いという考えに基づいた概念で、これがコールドナンバーの背後にある考え方です。

たとえばバカラでずっとバンカーが勝っていたとします。するとコールドナンバーを信じる人達は、そろそろプレイヤーが勝つだろうと考えます。

一方、「ギャンブラーの誤謬」の反対の考え方が「ギャンブラーの誤謬の誤謬」です。何かが以前に何度も起こった場合、次もその何かが起こる可能性が高いという考え方です。

ルーレットで赤が続いたときに次も赤がくるだろうと信じてしまう人や、ホットナンバーにベットする人は、この考え方を根拠にしています。

ここでのキーワードは「誤謬(考え・知識などの誤り)」です。「ギャンブラーの誤謬」「ギャンブラーの誤謬の誤謬」はあくまでも誤解であり正しい説ではありません。

ホットナンバーまたはコールドナンバーがあると信じてルーレットで勝負しても、勝率は上がりません。なので、それを戦略と呼ぶこともできません。ただの迷信です。

それでもホットナンバー・コールドナンバーに賭けたい場合は、勝率の高い場所にベットすることをおすすめします。

たとえば、次に入る数字が17になると予想したなら、奇数または黒に賭けます。 この場合、勝っても2倍分のチップしか獲得できませんが、17のみに賭ける場合よりも勝てる可能性が高いです。

そして最も重要なことは、最終的にトータルでプラスになるよう手持ちの資金を賢く使うことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする