ネットで海外のサッカーや野球などのスポーツ中継を無料で視聴する方法

海外でのサッカーの試合を見るためには、通常、スカパーやWOWOW、DAZN、J SPORTS、そしてスポナビライブなどの有料放送に入会する必要があります。

入会すれば、スペインのリーガエスパニョーラ、イングランドのプレミアリーグ、イタリアのセリエA、フランスのリーグアン、ドイツのブンデスリーガ、ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、アルゼンチンのプリメーラ・ディビシオンを見ることができます。

ですが、DAZN以外はこれらすべてのリーグを見ることはできません。もし、お金に余裕があるなら人気の世界リーグのほとんどを見ることができるのでDAZNをお勧めします。日本語での実況もあるし、画質がいいです。

ただ、そんなに頻繁にみるわけではない、画質が悪くてもいいので無料で海外のスポーツを見たいというあなたに、今回その方法を書きたいと思います。

無料で海外スポーツの中継を見ることができるサイト


こちらのfromHOT.comというサイトでは、無料で海外のスポーツ中継を配信しています。見ることができるスポーツのジャンルは、サッカー、ホッケ、テニス、バスケットボール、野球、ゴルフ、自転車競技などです。

まずはGMTが+9になっているかを確認してください。GMTはグリニッジ標準時の略でここが+9でないと、放送時間が他の国の放送時間になってしまいます。次に放送時間をチェックします。放送時間の間でないともちろん、動画を見ることはできません。


ページ右側のモニター画面のマークをクリックします。


モニターマークをクリックします。クリックしても、動画が再生されない場合があります。その場合、もう一つのモニターマークをクリックすると、動画が再生されます。両方再生されない場合(私は経験していませんが)は、この次に紹介する方法を試してください。


無事にスポーツの中継を見ることができました。

スポーツ中継を見ることができるサイトの欠点

ほかにも海外スポーツを見ることができるサイトはいくつかあります。

LIVETV

HAHASPORTS.com

LiveScoresHunter.com

Vip box sports

これらのサイトを利用するときに気を付けたいのが、広告です。


動画を見ようとしてクリックすると、新しい画面が表示されて、何やらダウンロードを促すような広告やセキュリティーに問題があるというような警告が表示される広告などがあります。

このような広告に騙されてダウンロードしてしまうと、ウイルスに感染したり、パソコンの中の個人情報が流出する恐れがあります。絶対にダウンロードしないようにしてください。

スポーツ中継を無料で見るのは違法行為

上で紹介したサイトは、許可なくスポーツ中継を配信しているので、もちろん違法サイトです。その違法サイトでスポーツをみるということは、その違法サイトをサポートしていることになります(違法サイトは利用者がいるから運営するのであって、もし利用者がいなければ運営しません)

スポーツの中継動画を見ること自体は違法ではありません。でも、やはり道徳的に気になる、スポーツ振興を応援したいという人は利用しないことをおすすめします。

スポーツ中継の数が少ない

無料で見ることができるのに贅沢を言ってはいけないのですが、正直に言うと、見ることができるスポーツ中継の数が少ないです。先ほど紹介したfromHot.comを見てください

現在中継しているライブスポーツの数は17本です。しかもこのすべてのスポーツを見ることができるのかどうかわかりません。

しかし、もっとたくさんのスポーツ中継の動画を確実にしかも合法で見る方法があります。

スポーツベットサイトを利用する

世界にはスポーツにお金をかけて楽しむサイトがたくさんあります。日本でいうところのスポーツくじTOTOみたいなものです。日本で有名なスポーツベットのサイトだとウィリアムヒルスポーツベットなどがあります。

これらのサイトの中には、スポーツ中継を見ながら、その場でお金をかけることができるサイトもあります。日本では、国の利益を守るためにスポーツにお金をかけるのは、スポーツくじTOTO、BIG以外は違法になっています。

ですが、世界の他の国はそんなけち臭いことはしていません。一般企業がギャンブル関係の会社を運営することは合法です。世界で一番有名なスポーツベットのサイト、BET365だと会員数は1900万人を超えています。

スポーツベットサイトは放送する権利を買っています。なので、上で紹介したような違法サイトと違い、サイト自体に違法性はありません。また危険な広告が表示されることもありません。

スポーツベットサイトでお金をかけることは、残念ながら日本からだと合法ではありません。違法とは言い切れませんがグレーになります。ただスポーツの中継を見るだけであれば違法ではありません。安心して利用することができます。ちなみにアニメやテレビ番組、ドラマなどが違法にアップされていますが、あれらの動画も見るだけなら違法にはなりません。

ヒカル
日本政府はNHKや宝くじなどの既得権益を法律で守ろうとするのがいやらしいな。NHKにお金を払わないと違法やけど、NHKに興味のない俺がなんでNHKにお金を払わないとだめなんやろう?なんかしっくりとこないわ。法律がいつも正しいわけではないんちゃうかな。

アイ ちゃん
NHKをみることができないようにするテレビを開発したら、1年で何百万台と売れるだろうね。

どのスポーツベットサイトがおすすめ?

スポーツの生中継を見ることができるスポーツベットサイトは、bet365、bwin、1xbetです。1番有名なのはbet365ですが、こちらアカウントを作成してから2週間以内に本人確認書類を提出しないといけないのと、入金するまでライブ映像を見ることができません。また日本語でなく英語です。

同じく、bwinも入金するまでライブ映像はみれません。入金してそのお金を使わなければ実質無料ですが、やはり完全無料で楽しみたいですよね。

そこでおすすめなのが、1xbetです。1xbetはアカウントを作るだけでライブ映像を見ることができます。本人確認書類も必要ありません。必要なのはアカウント作成に必要なメールアドレスだけです。

アカウントを作成したら、1xbetにログインします。

※アカウント作成はこちらから
1xbetに登録して無料でスポーツの生中継を見る方法


『LIVE』の文字をクリックします。


画面の右側でライブ映像をみることができます。ただ、これだと画面が小さいです。


カーソルを長押ししてライブ映像を画面の真ん中に持ってきます。そしてライブ映像の端を広げたら、大きな画面で見ることができます。

全画面表示でもみることができますが、全画面表示だと少しぼやけた感じになります。ただ、ヨーロッパの注目度の高い試合だとHD画質で配信されるので、全画面表示でもきれいな映像で試合を楽しむことができます。

スポーツベットサイトの欠点

まず最初に画質重視の人にはおすすめしません。多くの試合は全画面表示で見ると、はっきり見えません。さらにネット配信なので途切れることもあります。

画質とクオリティを重視するなら、スポーツベットサイトではなく、やはりお金を支払ってスカパーやWOWOWなどの有料放送に加入するのがおすすめです。

あと、1xbet以外のスポーツベットサイトは入金するまでライブ映像を見ることができません。お金をかける必要はないのですが、入金するとなるとクレジットカードなどでお金を支払うのはめんどくさいです。

そのほか、本人確認書類を提出しなければいけないスポーツベットサイトもあります。私は特に気になりませんが、スポーツベットに慣れていない人は「本当にこの会社にパスポートや免許証の画像を送信しても大丈夫なの?」と不安になりますよね。

ネットでスポーツ中継を視聴する方法まとめ

無料でスポーツ中継を見る場合、違法にストリーミング動画を配信しているサイトを利用するか、スポーツベットサイトに会員登録するか、この2つの方法があります。

違法サイトを利用する場合、会員登録も必要ないのですごく便利ですが、道徳的に気になる人、またネット初心者だと思わぬところでトラブルに巻き込まれるかもしれません。

違法サイト運営者はそのサイトからお金を得るためにしています。しかし違法サイトなので一般的な広告を利用することはできません。となると、どうしても危険な広告を配信することになります。そのような危険な広告に騙されないように注意してください。

スポーツベットサイトでは、違法サイトよりもたくさんのスポーツ中継を楽しむことができます。ただ、通常は入金している登録者のみへのサービスです。

入金しないでスポーツ中継をみることができるのは、1xbetのみです。今はまだ知名度が高くないので、このようなサービスをしていますが、便利なサイトなのでどんどん知名度が上がっています。会員数が急増すれば今後、入金しないと見れなくなるかもしれません。

今のところ、アカウントを作成すればスポーツ中継を見ることができるので制限がでるまでは1xbetで動画を楽しみ、もし制限されたら他の方法を考えるのがいいのではないでしょうか?

少しの不便を我慢すれば、世界中のスポーツを無料で家にいながら見ることができます。きっとあなたが見たい試合も、今回の方法を利用すれば見ることができますよ。ただ、魅力的な試合がたくさんあるので寝不足には注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする