ATMから出金できると評判!スティックペイカードを申請・発行する方法

オンラインカジノで獲得したお金を銀行を通さずに直接ATMから出金できると評判のスティックペイカード。多額のお金を国内の銀行に送金し、税務署にいろいろ疑われるのが嫌な人の間で人気です。もちろん脱税目的ではないと思いますが、税金を払っているのにいろいろ疑われるのは嫌ですよね。

そこで、今回どうやってスティックペイのカードを申請・発行するのか、その方法を説明します。カードの申込み方法について知りたい方はぜひ参考にしてください。

まだスティックペイのアカウントがない場合、先にこちらの記事を読んでください。

エコペイズにはエコカード、アイウォレットにはiWalletカードという便利なプリペイドカードがありました。ATMから出金できるので、銀行にオ...

スティックペイカード発行・申請方法

スティックペイのカードを発行するには、口座に50ドル以上入金する必要があります。また、カードを申請するときにカード発送手数料として35ドルかかります。

スティックペイ口座に入金

スティックペイへの入金方法は国内銀行送金・海外銀行送金・クレジットカード・UnionPay・ビットコインの5種類です。

国内銀行送金を調べたら日本円はなく、まだ未対応となっていました。海外銀行送金は手数料が高く時間もかかります。UnionPayは中国で利用されているデビットカードです。日本人で持っている人は少ないかと思います。

おすすめの入金方法はクレジットカードとビットコイン


クレジットカードの場合、すぐに入金できるわけではありません。最初にクレジットカードの両面をアップロードして承認されてから入金となります。入金手数料は3.85%です。

もしビットコインの口座があるなら、こちらがおすすめです。手数料も無料です。私もビットコインで入金しました。詳しくは下記の動画を参考にしてください。

ビットコインの入金にかかる時間は2時間から3時間ということですが、平日の17時に入金したら8分で入金確認ができていました。

スティックペイカードの申請


50ドル分を入金すれば、スティックペイカードの申請をすることができます。

まずは個人情報を入力していきます。名前、生年月日、国名、メールアドレスについてはすでに入力されているので、パスポート番号・カード名義・住所・携帯番号を入力します。

スティックペイカードの申込みにはパスポートが必要。パスポートのない人は申し込むことができないぞ。どうしてもスティックペイカードが必要なら、先にパスポートを取得しよう。

ファイルのアップロード


身分証明書、居住証明書、パスポートの3点の画像をアップロードします。

利用規約の確認

利用規約の中で1つだけ注意する必要があります。

私は、30日以内にSTICPAYカードに資金を入金(補充)しなければプリペイドカードがアクティブ化出来ないことを理解しています。

30日以内に資金を入金しないとアクティブ化できないとあります。この30日がカードが発送されてからなのか、到着してからなのかわかりません。しかしカードが到着したら、できるだけ早く入金したほうが良さそうです。

スティックペイカードの特徴

スティックペイカードは200カ国以上の国で利用できるデビットカードです。マスターカードを取り扱っているショッピングサイト、ATM、お店で利用できます。

ただ、スティックペイカードは香港ドルに固定されているので、香港によく行く人以外は実際のところ為替手数料がかかるので、使いづらいような気もします。ATMからオンラインカジノで稼いだお金を出金目的で使う人が多いのではないでしょうか。

出金限度額と手数料


1日の利用限度額は20万円ほどです。出金限度額が約30万円、1ヶ月だと約90万円となっています。一般のオンラインカジノプレーヤーには十分な利用限度額、出金限度額になっています。

1回の最低引き出し手数料は約300円です。なので、ATMで引き出すときは3万円以上を目安に引き出すのがおすすめです。1000円とか2000円の少額を引き出しても300円ほどの引き出し手数料がかかるので注意してください。

あと、残高確認をATMですると3ドルの手数料がかかります。めちゃくちゃ高い手数料をとられます。オンラインだと無料で残高確認ができます。

カードを発行してから13ヶ月後からは、毎月10香港ドルがかかります。日本円で150円ほど。毎月カード維持費がかかるのは残念ですが、エコカードに比べて入金手数料と出金手数料が安いです。エコカードは入金手数料が5%、出金手数料は10ユーロでした。

スティックペイカードは毎月のカード維持費がかかりますが、入金・出金の手数料が安いので総合的には悪くないです。

スティックペイの会社から次のようなメッセージをもらいました。

この度、カード発行会社側によりSTICPAYカードの発行を終了する旨の通達を受けました。そのため弊社でのカード発行の新規申請を終了させていただく流れとなりました。

プリペイドカードを作ることができなければ、全く魅力がなくなりますね。残念です。エコペイズやアイウォレットのプリペイドカード同様、数カ月後にはカード自体使えなくなるのかもしれません。


スティックペイカードはオンラインカジノのお金を銀行に送金したくない人におすすめのカードだ。あと極寒の地、ロシアでもショッピングで利用したり、ATMから出金できるので便利だぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする