世界で利用者の多い人気オンラインカジノトップ10

世界では、どのオンラインカジノ運営会社が人気なのか、日本人がたくさん利用しているサイトはあるのか、気になったので調べてみました。

ヒカル
俺の知的好奇心は無限大なのさ

アイ ちゃん
あ~暇なんだ

利用したデータはsimilarwebというサイト。他人のホームページを丸裸にしちゃうサイトです。このsimilarwebで当サイトを検索しないでね。アクセスないのがばれるから(・ω<)

1、SunMaker Casino

SunMaker Casinoは2007年から運営されています。訪問者数は1か月で約2500万人、利用者のほとんどがドイツ人です。ドイツってカジノが盛んな国なんですかね?

運営会社のPlayCherry Ltd. CasinosはSunMaker Casino以外にも、EuroLotto Casino、EuroSlots Casino、Cherry Casino、SveaCasino、NorgesSpill Casinoも運営しています。

この中で日本語に対応しているのは、Cherry Casinoです。チェリーおじさんでおなじみ?のカジノです。


「ウェーイwww」

2、ボバダカジノ

アメリカで人気のカジノサイトで2011年から運営しています。訪問者数は1か月で約1400万人です。ほとんどの訪問者はアメリカ人ですが、何気に0.5%ほど日本からのアクセスがあります。1400万の0.5%なので7万人です。日本語での対応がないので、日本に住んでいるアメリカ人がこのサイトで遊んでるのでしょうか?

運営会社はMorris Mohawk Gaming Group Casinosです

3、ミスターグリーン

ミスターグリーンは2008年にサービスを開始しています。訪問者数は1か月で880万人でオランダが40%、そのほかドイツ、オーストラリア、イギリスからのアクセスが多いです。サイトは日本語に対応していません。

運営会社はMr Green Ltd Casinosです。

4、ジャックポットシティ

ジャックポットシティは1998年にサービスを開始しています。訪問者数は1か月で750万人です。1番多いのはドイツからのアクセスで27%程度。そのほか、ニュージーランドやカナダからのアクセスも多いですが、それでも3つの国を合わせたアクセス数は50%程度です。

ジャックポットシティはいろいろな国の人が参加しているのが特徴です。日本でも知名度の高いオンラインカジノですね。

運営会社はDigimedia Limited Casinosです。ジャックポットシティ以外にもCasino La Vida、Euro Palace Casino、Casino Epoca、River Belle Casino、Gaming Club Casino、Lucky Nugget Casino、WinTingo Casino、7 Sultans Casino、Red Flush Casino、Vegas Palms Casino、Royal Vegas Casinoなどを運営している超巨大なオンラインカジノ運営会社です。海外ではテレビCMも流しています。

ベラジョンカジノとジャックポットシティのどちらが人気?

日本人のみの参加者で見ると、1番参加者の多いオンラインカジノはベラジョンカジノです。なのでベラジョンカジノのほうが知名度が高いと思ってしまいます。ですが、1か月の訪問者数で見たランキングだとベラジョンカジノは29位です。世界的にみるとジャックポットシティのほうが有名です。

5、sunny player casino

99%がドイツ人のオンラインカジノ。1か月の訪問者数は約920万人です。ドイツ人だけのオンラインカジノなので情報を調べようとしても、ドイツ語しか出てこなくて、いつ頃からサービスが開始したのか運営会社はどこかわかりませんでした。それにしても、ドイツ人ってオンラインカジノが好きなんですね。

6、LeoVegas Casino

LeoVegas Casinoは2012年にサービスを開始した比較的新しいオンラインカジノです。訪問者数は1か月で590万人です。利用者はスウェーデン人が多く21%、続いてイギリス人、ドイツ人の利用者が多いです。ヨーロッパで人気のオンラインカジノです。

日本からはアクセスができないかもしれません。私が訪問した時は
access denied
This request was blocked by the security rules
と表示されました。

運営会社はLeoVegas Gaming ltd Casinosです。

7、888カジノ

888カジノは1997年にサービスを開始したオンラインカジノです。1か月の訪問者数は710万人でイギリスからのアクセス数が48%と一番多いです。続いてドイツが36%となっています。そのあとは、カナダ、ブラジルと続きます。

運営会社はCassava Enterprises Ltd. Casinosで888カジノ以外にもCasino On Net、Winzino Casino、Reef Club Casino、Vegas Spins Casino、Jester Jackpots Casino、Tip Top Bingo Casino、777 Casino、Slots Force Casino、Island Jackpots Casino、Zinger Spins Casinoなどを運営しています。

ヒカル
777カジノ、888カジノとあるので、次は999カジノでも作るんかな?

888カジノは日本語にも対応しているの?

日本語のウェブサイトに行くので、
「おっ、実は日本でも有名なオンラインカジノ?」
と思うかもしれません。ですが、こちらのウェブサイト、日本語がちょっと変です。

こちらを見ると、日本国内の一流カジノオペレーターが運営するサイトとなっています。堂々と日本国内から運営と書いているのがすごいっ!!

ヒカル
日本国内から って完全に違法やん

なんとなく中国人が翻訳したような不自然な日本語ですね。もちろん、このような不自然な日本語を表示させるサイトなので、日本人担当者はいません。なので、英語が苦手という方は、たとえホームページが日本語でも騙されないように。問い合わせは英語でしなければいけません。

8、bet365

bet65は2001年とかなり昔から運営しているオンラインカジノです。1か月の訪問者数は420万人でデンマークからの訪問者が84%と一番多いです。次に多いのが以外にも中国!!

bet365はスポーツの勝敗にお金をかけるブックメーカーとして有名です。中国人はスロットやポーカーにお金をかけるよりスポーツにお金をかけるのが好きなようです。

ヨーロッパのサッカーが好きでギャンブルも好きというあなたにおすすめなのがbet365です。ただし日本語対応はしていないので、ある程度英語がわからないと利用するのは難しいです。

運営会社はHillside Media Casinosです。

9、casino.com

カジノドットコムの訪問者は1か月に約550万人です。ドイツからのアクセスが約48%と一番になっています。続いて南アフリカ、ニュージーランドです。

運営会社はOnisac Limited CasinosでSlots Heaven Casinoも運営しています。

ヒカル
ドメインが超かっこええ

アイ ちゃん
このドメインっていくらで手に入れたんだろうね。気になるぅ~

casino.comのドメインはいくら?

casino.comのドメインは、2003年にカジノゲームのソフトを作っているボスメディアが約5.5万ドルで売りました。これは世界のドメイン売買で17番目に高い価格になっています(2017年の調査)カジノに関するドメイン価格ではslot.comと同じ5.5万ドルで一番高い価格です。

一番高い価格はhttp://Insurance.comで35.6万ドルで売れています。

10、21dukes.com

21dukes.comは2008年にサービスを開始しています。1か月の訪問者数は380万人でドイツからのアクセスが26%と一番高いです。

ヒカル
ドイツ人って本当にカジノ好きやな

番外編 日本で人気のベラジョンカジノの世界人気ランキングは?

1か月の訪問者数は200万で世界で29番目に訪問者の多いオンラインカジノです。もちろん、日本からのアクセスが一番多く、全体の28%となっています。そしてスウェーデン、ドイツ、オランダ、フィンランドと続きます。日本以外のアクセスはヨーロッパからですね。

日本で知名度の低いオンラインカジノ、これからどうなるの?

世界でもっとも人気のオンラインカジノトップ10を紹介しました。この中で日本語のサポートがあるのは、ジャックポットシティだけです。そのジャックポットシティでも日本人の割合は多くありません。

そして日本人の割合が一番多いベラジョンカジノでさえ、世界でのオンラインカジノ人気ランキングで見れば29位とそれほど高い順位ではありません。

この結果から考えるとまだまだ運営者側としても日本人をお客さんの対象とはあまり見ていないようです。

しかし!!

しかし、『ちょっと待てよ』と俺は言いたいっ!!!

日本には世界のギャンブル機の60%があります(オーストラリアの賭博機メーカ団体 Gaming Technologies Associationの調査による)そしてギャンブルで日本人がパチンコに使うお金はレジャー白書によると2015年で23兆2290億円です。パチンコに使うお金は年々下がっているので、今は23兆円も使われていないと思いますが、それでも年間20兆円はあるでしょう。

さらに競馬、競艇、オートレースで使う合計額は年間4兆円ほどといわれています。合計24兆円です。ラスベガスやマカオでさえ2兆円、3兆円規模です。いかに日本がギャンブル大国なのかわかります。

もし、カジノが合法化されれば、日本でのオンラインカジノの運営も合法化されるでしょう。そうなればギャンブル大好きの日本国民がオンラインカジノで遊ばないわけがありません。

数年後には世界でのオンラインカジノで日本人が占める割合も大きく変わってくるはずです。

アイ ちゃん
ネプ&イモトの世界番付でギャンブル好きの国を調べる企画があったよね

ヒカル
ん~そうなん?

アイ ちゃん
1位はポルトガル人で日本人は24位だって

ヒカル
笑止!ぶりっ子日本人め

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする