レトロなドラえもんのスロットを回してみた

藤子不二雄の永遠の人気作ドラえもんのスロットがあったので遊んでみました。ちなみにドラえもんのアニメが放送されたのは1973年から。ドラえもんをみて育った子どもが、今はもう親になって、今度はその子どもがドラえもんを見ています。歴史ある漫画ですね。

ヒカル
ドラえもんって、いつまでやるんやろな。

アイ ちゃん
ヒカル君がおじいちゃんになっても、まだドラえもんは放送されてるんじゃない?

ドラえもんのスロットの特徴

ゲームの読み込み中は生首がグルグル回って、ちょっと怖いドラえもんのスロット。ペイアウト率は96.16%です。


配当表とラインベットを見ていきます。一番配当が高いのはドラえもんでラインベットの800倍の配当をもらうことができます。

次がドラミちゃんで400倍の配当、そしてのび太君、しずかちゃん、スネ夫君と続きます。これらの絵柄は3つ連続で同じ絵柄がそろう必要があります。

のび太君のパパとママ、ジャイアンはたとえ違う絵柄だとしても、このどれかがでれば、配当がもらえます。ただ、配当はラインベットの10倍と少ないです。ちなみにのび太のパパとママの名前は野比のび助と野比玉子です。

ペイラインは全部で5通りです。横のラインが3つと斜めのラインが2つです。

ベット額は最低0.1円から遊べます。ペイラインを1つにしてラインベットを0.1円にします。最大のベット額は250円です。ペイラインを5つにしてラインベットを50円にします。

ドラえもんが3つそろえば、ラインベットの800倍の配当がもらえるので、4万円の配当です。レトロなスロットなのでボーナスステージとか派手な演出はまったくありません。

実際にドラえもんのスロットで遊んでみた

残高6068円からスタート。ペイラインは5本にしてラインベットは1.5円です。1回転、8円の設定で遊びます。


のび太のパパがそろって64円を獲得。


一番下のラインでのび太のママとパパがそろったので16円の配当です。のび太のパパ、ママ、ジャイアンでの絵柄で配当をもらうパターンが一番多いです。


スネ夫がそろって128円の配当をもらいました。


スネ夫で配当をたくさん出しすぎたと判断したのか、しばらく配当が0円という猫型ロボットが大量にでます。配当が0円の絵柄って珍しいですね。

この猫型ロボットってドラえもんにでてくるキャラクターでしょうか?


高額配当のしずかちゃんの絵柄が3つそろって160円を獲得。ベット額の20倍です。レトロタイプのスロットなので、遊んでいてちょっと物足りなかったですが、久しぶりにドラえもんをみて、なんだか子供のころを思い出し懐かしかったです。

ちなみに今回は6068円からスタートして、なんと偶然にも6068円で終了。

ヒカル
こんな偶然、めったに起きへんと思うけどな。俺はジャックポットが当たる偶然がほしいねん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする