稼げるオンラインカジノのスロットはどれ?残高を3倍に増やした高配当スロットはこれだ!

ボーナスステージで100倍以上の高配当が狙える、しかもボーナスステージがでやすいおすすめのスロットについて書きたいと思います。

実際に私はこのスロットを3回プレイして58ドルから171ドルまで増やすことができました。そのおすすめのスロットはブックオブデッド(book of dead)です。

ボーナスステージにいくことができても、「なにこのしょぼい配当・・・」というときがありますよね。ですが、このブックオブデッドでボーナスステージに行くことができれば、100倍以上の高配当を期待することができます。

ブックオブデッドのボーナスステージは同じ絵柄がたくさんそろうので、面白い。また、ボーナスステージ中に追加ボーナスが発生することがあるのも魅力です。いろいろなスロットをプレイしてきましたが、今一番熱いのがブックオブデッドです。

ブックオブデッド 1回目

このとき、所持金58ドルからスタート。


所持金が45ドルのときに3つの絵柄がそろったので、ボーナスステージへ


ボーナスステージでは上の絵柄がでてれば、ボーナス配当がもらえます。


ボーナスステージで指定された絵柄が3つ以上そろうと・・・・


その列の絵柄がすべて同じ絵柄に


すごい当たり線の数www


コイン530枚、ベット額の53倍の配当をもらえます。0.4ドルベットをしていたので、このときは21.2ドルの配当です。


しばらく回していて、残高が64ドルのときにまたまたボーナスステージに。


今回はアヌビス。アヌビスはかなりの高配当が狙えます。


ちなみに配当額はこんな感じ


1回目のボーナスよりもコインはたくさんはでました。


最終的には880コインをゲット、ベット額がこのとき0.2ドルなので勝利金は17.6ドルでした。2回ボーナスも出たし、残高も増えたのでここでやめました。

【収支】58ドルから82ドルで24ドルの勝ち

ブックオブデッド 2回目

前回の続きで82ドルからスタート。


残高が81ドルのときに最初の本が3つでたので、ボーナスステージに。


配当はそれほど高くないんですかね。またまたこちらの絵柄が登場。


でも、配当額が高くない分、絵柄が4つ簡単にそろいます。1回目でいきなりレーンの4つがボーナス絵柄に。


配当は990コイン。ベット額の99倍の配当です。このときは、ベット額が0.1ドルだったので9.9ドルでした。ベット額が少なすぎっ!

ヒカル
ベット額が1ドルだったら100ドルほどもらえたのに。もったいないことをしたわ。

アイ ちゃん
1ドルでスロット回したら、ヒカルくんの全財産がすぐになくなるよ

ヒカル
カジノ残高でなく、全財産って・・・まぁ本当のことやけど、そこははっきり言わずに相手の気持ちを察してあげて。


残高が88ドルでまたまたボーナスステージ発生。


今回は、ツタンカーメンが登場。これは高配当が期待できる。


ボーナスステージ中にボーナスがでるというミラクルが発生。フリースピンが10回追加されます。


ボーナスステージで1380枚のコインを獲得。ベット額の138倍の配当になります。

【収支】82ドルから115ドルで32ドルの勝ち

ブックオブデッド 3回目

残高115ドルからスタート。


今回はなかなか本がそろわず、残高が34ドルになったときにやっとそろいます。ベット額は1ドルだったので、もう少しで破産するところでした。


今回のボーナス絵柄はこれ


フリースピンを2回、回しているときに本の絵柄が3つそろうというミラクル発生。これでフリースピン10回追加されます。


画面がJだらけにw


コイン1365枚獲得。ベット額の136倍もらえるので、今回136ドル獲得。

ボーナスステージに行ったとしても、ぜんぜん配当がもらえないスロットがありますが、ブックオブデッドの場合、5回ボーナスステージに行った結果、最高で1380コイン、最低でも530コインをもらいました。

平均すると、1029コインです。ボーナスステージにいくことができれば、ベット額の100倍ぐらいの配当を期待することができます。つまり1ドルでスロットを回していたら、100ドルももらえちゃいます。

もし、稼げるスロットを探している場合、ブックオブデッドを試してみてはどうでしょう?今のところ、ギャンブラーヒカルが一番稼いでいるスロットです。

ヒカル
ブックオブデッドは最大で250000コインもらえるチャンスがあるねんて。

アイ ちゃん
250000コインだと1ドルベットなら250万ほどもらえることになるね。ジャックポットでの賞金と同じくらいもらえるのがすごいね!でも、そんなにコインがもらえるのは、250万人に1人ぐらいだろうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする